GWも最終日ですね。みなさんはどこかお出かけしましたか?我が家はどこにも出かけず、家族みんなで断捨離をしました。いつの日かは大事だったものが、月日を重ね、もう必要不可欠でなくなっているものって沢山ありますよね。服や小物、文具や書類など沢山処分することができてびっくりしました。おかげで収納スペースにゆとりも出来て、気分もスッキリしました。家族みんなでやったことにより、みんなが物の特定場所を確認することが出来ました。これからは、その場所へ丁寧に直してくれるんじゃないかと予期したいですね。今後は見栄えも意識して、箱や容器、カバーなどのカラーや素材など統一感のある収納にしたいです。少しずつとはいっても頑張ります。
ゴールデンウィーク、今年は4連休あります。昨日はお出かけ&お購入の一日をすごしました。まずは駅にできた新しいお店に行きました。入り口を入ると、早めにに本屋があるのそれにしても、新しいにおいがしました。本屋やコーヒーショップに用はなかったので、アクセサリーショップと雑貨屋さんへ訪れてみました。雑貨屋さん、めっちゃかわいかったです。そんなに大きくないお店なのでも、自分好みのものがたくさんありました。やばいな・・また行ったら、100パーセント買い物してしまう予感がします。で、結局3つお購買をしました。その後はお昼からしまむらに行きました。久々に行きたかったので、さまざま服を見て、スカートを2点買いました。試着してみたそれにしても、Lしかし辛いこのウェスト・・・!!少しダイエットしなくては、と思った連休2日目。近頃と明日は、なんにもないお休みです。ドラマの録画を見て、のんびり過ごしたいと想います。
小学生の時から二重人となりみたいなところがありました。たとえば、美術とか漫画が好きで同じ趣味の真面目そうなオタクっぽい後輩ともすごく上手くやって行けていたんだけれども、その反対に男遊びが大好きで派手好きな友達とも両方と仲良くやっていました。その延長線上に、また別の後輩とも合う自分がいて、その自分が非常に嫌いというかやっかいなんそれにしても、もろ不良、昔で言うと、暴走族とかにいそうなタイプの先輩と波長が合う自身もいました。そして、それがある意味私の長所それにしてもあり、不可解な部分ですがあるのかもしれませんが、その何種類かに別れたトモダチを、ゴッチャマゼにしたくないために絶対に引き合わせるということはしませんでした。意義もなく世界観が違う人同士を引き合わせる趣味は昔からありませんでした。なので、そのような価値のトラブルは一度もありませんでした。けれど、日頃から常に別のパーソナリティで、別のタイプの人物とも上手くやって行ける色んな性ランクが混在しているようなタイプでした。逆に言えばそのことが周囲から大きな誤解を生んだのかもしれませんとはいっても。100パーセントにこのタイプ以外は付き合わないという性質では元々なかったようでした。楽しいって言えば楽しい面もありました。色んな性ランクが私の中にあるので私でわたしを観察しているだけですが飽きることがないかったからです。だけれどもそれも若いうちが花で最善大人になると色んなタイプと合い過ぎると、ラストにさまざま誤解されやすくなるので、“結局あなたはどういうタイプが本当にいいのか?みたいに責められる根拠にもなりやすいから、そういう意義では最終的にこの世でたった一人の必須な相手を見つける場面になるとそこそこ辛い面もありますね。可能であればパーソナリティは分かりませんが、(私が多重人柄かどうか分からないというメリットです)好みは統合して行きたいなと想像しています。気が多いと言うのは誤解を生みやすく何かと問題になりやすいからです。一応今のところは、絵が好きだという自分の気持ちを不可欠にしたいなという胸裏が最も強いです。だから、やはり、同じように絵が好きなお後輩が欲しいし、できたら大切にして行きたいなと妄想しています。

今、テレビで「南枕は良くない」という話を耳にしました。風水的に、南枕で寝ていると空気の読めない人になったりしやすく、また、気が散りやすくなり、眠りが浅くなるので、健康面に良くないそうで…。因みに、一番最高と言われているのが北枕。次に東枕。そして西枕だそうです。普段、風水はあまり気にしない私でも、インターネットでみたらまさに南枕で寝ていました!そういえば、ここ何年か寝つきが悪いような…。だんだん心に引っ掛かるり始め、思い切ってベッドの向きを変えることにしました。ただ、部屋の関係上、北枕と東枕は難しかったので、せめてもの西枕にしてみました。西枕は落ち着いて寝られる方角だそうで、特に年配の方にそれ相応のそうです。因みに自身はまだ20代ですが…南枕よりはマシかな?西枕に変更してまだ数日だけれども、なんだか以前よりゆっくり眠れているような気がします。気のせいかもしれませんが(笑)だけど、ベッドの位置を変えるにあたり、自動的にお部屋のお掃除もすることになったので、感じ的にもスッキリして良かったなぁと思います。
高校時代(もけどたら中学かも)の友人と漫画入れ替えをして漫画の勉強をしている時がとても楽しかったです。同じクラスのお同僚でした。同じアニメ同好会と漫画一考クラブの親友だったと思います。その後輩はSF漫画が好きでわたしより漫画の技術が数段上だったので自分もその人の漫画の趣味に合わせてSF漫画にしました。確か、その同僚は大学生の時点でプロ並みに漫画が上手だったと気持ちました。具体的に漫画の交換のやり方は、一冊のノートに先にその技術上の同じクラスの後輩が漫画を一ページ描いた後に、ちょうど、そのページの内容の続きになるような内容の漫画を続いて一ページ描くような形でした。先に描いた人の内容に合わせる形だったです。ですから、漫画のストーリー展開の勉強になって最も役立ちました。相当面白かったです。剣道とどっちが好きかというと、その後まったく剣道をやらなくなったわけですから、私は剣道より漫画が好きに決まっていると思います。
ゴールデンウィークです。私と夫と娘で4泊5日の旅行に行きました。巡った場所は、長野県の「寝覚の床」。ここは自然現象でできた岩壁がスリムなところで大きな石をたまに手をつかって登りながら先端まで行きます。やんちゃな子供には石をつたって行く事が僅かにした冒険みたいで相当楽しかったと言っていました。親としても嬉しいです。その後は温泉巡りです。群馬の万座温泉、ここは白いにごり湯で温泉成分が強いのでしょうか。湯あたりしてしまったようで、温泉から出たあとは20分位休んでました。入ってる時は感じよかったんですけどね。草津温泉の湯畑を散策したり、伊香保温泉にも行きました。すごくイメージに残ったのは宝川温泉で、かなり男女混浴なのですが、自然の川と一体化しているような造りで迫力があります。また、この施設には本物の熊を飼育してる事も有名で、ホント6匹いました。あ、もちろん檻の中です。温泉と熊って不思議な組み合わせですね。家族で、旅行に行けた事、無事に帰ってこれた事に感謝です。
子供の塾の説明会に訪れてきました。自分も高校生?中学生まで塾に訪ねていました。この心持ちが懐かしい。塾の先生はホントにパーソナリティがあって、娘達が飽きないようにしゃべり方や発声なども検討していて、感心します。そこで、おもしろい会話がきけました。人柄の脳は命のピンチに関わらない事は忘れるようにできている、という事です。例えば、沸騰したてのやかんは熱い。これを忘れると大やですがをするので、熱いやかんを触る事は二度としません。けど、昨日の朝ごはんのメニューを早くに想い出せますか?という事でうす。いわゆるは、勉強も命のピンチではないので、忘れるように出来ている。そこで、繰り返納し同じ内容を学習する事で能が必要不可欠な事と錯覚をおこし、忘れないようになる・・・という内容でした。なるほどー。継続は力なり、は脳の仕組みですがあるんですね。勉強になりました。

わたしは、ぽっちゃりしている時と痩せている時では人相が変わるし、同時に個性も変わります。二重人柄かどうかは分かりませんが、(正式に検査していないので分かりません)ある程度その毛はあるかもかもです。ぽっちゃりしている時は比較的温厚でおっとりしている気がします。しかし痩せて来るとしょっちゅうイライラしていて気が短くなる気がします。それとともに腕力も、太っている時より痩せている時の方が全然あるので、それが相当不思議だと心中ます。基本的に痩せている方が体力がなくて力もないように心持ちるからそう心ます。わたしの場合は逆なんですよ。どうしてそうなるのかある程度原因は分かりませんが、もしかしたら、誰かが外見が変わって来たら日頃から状態を見ていて、何かの根拠が原因で、その人相に相応しい性グレードの幽霊を憑依させているんじゃないかとかも思ったりしています。現にそのように気持ちるような証拠も僅かにづつ挙がって来ている気もします。まだ詳しいことはよく分かっていないしハッキリとした証拠がないのでこの場では詳細を書くことは避けておきます。このことについては、今後も少しづつ自分なりに調査して分析して思いや結果をもっと分かりやすくまとめて行きたいと思っています。
中学生の時に『赤胴鈴之助』の漫画を見てカッコいいなと考えて憧れたのが始まりだったかどうか分かりませんが、この漫画の影響も大分大きい形で剣道部に入部しました。今でも大学生時代に応用していた竹刀が丁寧に家の見えるところに置いてあります。なぜ、そんな幼い時に剣道をやることになったのかわずかに原因とかチャンスが今ちかごろでは分からないところが本当に残念なことですが、大学生時代、剣道部に入部していた時に朝練を日ごろから行っていたことだけは確かでした。それ以外にも、剣道の特訓中に親友が小手と面と胴をつけた様子で竹刀を振りかざして、私に正面切って襲い掛かって来た姿が今でもハッキリと脳裏に髣髴と蘇ってきます。ずい分迫力がありましたね。友達が大声で叫んできて、まるで映画みたいでした。特に突きをされる時が一番怖かったです。間違って的がずれて本当の首筋にあたったら痛いなと思ったことが動機でした。結局小学生だけで辞めてしまってその後、中学生や小学生の時代になるとマネージャーはやったものの漫画やアニメの部活に夢中になりました。昔からあまり趣味に一貫性はなかったですね。コロコロと移ろいやすく、器用貧乏な傾向が大きかったと感情ました。だけれども、そんな想いしかし今となってはとても貴重な実体験で最善体験をできて良かったなと妄想しています。
娘の靴って早くに汚くなるなと味わう自身。今年の初めに下ろした靴はもう何度洗っただろうと気持ちます。普通の砂場遊びならそれほど汚れないのに、まだビチャビチャな季節に外で遊ばれると本当に靴を綺麗にするのが追いつきません。本当は洗う予定のなかった靴もあまりにも汚く洗いました。そして思ったのが、洗い替え用の靴は一足ぐらいは必要不可欠だなということでした。いま娘たちは一足づつしかスニーカーがないので、次回もう一足買ってこようと胸裏ました。そうすれば慌てて洗浄する大切もないんだなと想いました。だけど今回は洗ってしまったので半乾きだったらそのときはドライヤーで乾かそうと想います。ですから可能であれば靴は綺麗に履いてくれると助かるなと心ます。
購入はこちら>>>>>ムシプロテック 評判